もやしダイエットは明らかにやった分だけ

もやしでダイエットをしているとふと思うときに嫌になることがある。やはりコアの部分としては結構空腹の勝負になるんだろうね。私の場合は今までご飯は絶対満腹以上まで食べるというある意味変わっていたので、特にそのギャップに最初は辛かったのかもしれない(笑)でも1ヶ月もすれば脳みそくんや胃の中も小さくなったのかもやしを食べて他に軽く一品食べて白ご飯は少しだけ。

出来るだけ食べたい欲望を抑えながら頑張ればある意味結果出るんだなーと思った。私ががんばれた最大要因は別にもてたいとかじゃない。
ある意味昔への欲望かな。戻りたい。ただ一心にそれだけだったかもしれないと思う。仕事がない日はできるだけ走るようにしているし、とは言ってもほとんど歩くみたいかんじだけど。でもある意味成長できたなって思う。もやしダイエットで失敗をしたり、はたまたうまくいったりすることもあるでしょう。でもそれを継続するのが一番大事であり、凄く難易度がたかい。

実は先輩でめちゃくちゃ痩せた人がいるんだけど、最終的には体の体調を崩してしまって。
凄くそこから食べるようになって以前よりも太っていらっしゃった。

こういう事例は全然珍しくないのがダイエット業界。あなたもこれからはじめるなら気をつけた方がいいでしょう。

おすすめサイトは圧倒的にこちら↓

もやしダイエット

人生が変わるきっかけになった人も多いサイトじゃないかな?役にたつし、もやしダイエットをやるなら
まず確実に見ておきたいと思うなー。

ある意味ジャンル的には凄く少ない情報源の一つだから。

追いかけていきながらコンプリートしていきたい。学ぶものは学ぶ。

欲しがるものはなんだろうか

「一口ちょうだい」な人が苦手です。別に汚く思ったりとかは無いけれど、なんかテリトリーに侵入されたような気持ち悪さがあるんですよね。

でも、女性同士だと「一口ちょうだい」は結構な割合でやってきます。カフェでパスタを頼むと「私の美味しいから食べてみてよ」と来る。「いや、別に良いよ」と言っても「遠慮しないで!」となるんです。そうなると、自分の分をあげないわけにはいきませんよね?あげるのも嫌だけど、人のを食べるのも嫌。これも衛生的には気にならないけど、なんか居心地の悪さが残るんです。私って頭が固すぎですか?

けれども、これが妹や彼氏相手だと気にならないから不思議です。「美味しい?ちょうだい」と言われると、喜んでお皿を差し出すし、逆に「そっちの美味しそうだから食べさせてー」も言える。

つまり、私はいくら親友であっても、他人のフィールドにいると捉えてしまうんでしょうね。けれども、妹なら血縁だからともかく、彼氏が気にならないのはなぜでしょうか。心を許した人だから?でもそうなると、親友に心を許してないことになりますよね。それもなんか違う気がする。

まあ、親友も「一口ちょうだい」があまり好きじゃない人なので安心して付き合っているから、そんなことを考えるのは無意味ですね。違う見方をすれば、それをしない人だから親友としてやっていけるのかも。一口ちょうだいタイプの人は異星人みたいですから。なぜそれをしたいのか理由を聞いてみたい気もするんですが、怒られそうで怖いし、自然と疎遠になっていくのです。

見ていると幸せになります

最近では全国にも、ラーメンの硬さの名称が知られるようになりましたよね。例えば「バリカタ」とか「ヤワ」とか。でも、九州産まれの僕は、みんなが知ってることだと思ってました。大学時代にラーメン屋で「バリカタで」と言ったら、お店の人からは「はあ?」と言われたし、学友からは「なにそれ呪文?」と笑われて全国区の言葉じゃないことを知ったわけです。

最近、地元に帰ってきたんですが、博多系のラーメン屋に行くと面白い光景が見られました。目をキラキラさせた観光客の人が「湯気通し下さい!」と言ったんです。よく行く店なので店の大将をよく知ってますが、以前「ものすごく硬い麺を頼む人がいるが面白いよね。バリカタくらいが美味しいのに」と言ってました。その大将、「はいよっ」と言って背を向けましたが、ニヤッと笑うのを僕は見逃しませんでしたよ!

出てきたのは、まあ美味しそうなラーメン。だけど麺がまさしく「湯気しか通してませーん」的な感じの色。ワクワクしながら見ていると、案の定その人は麺の硬さに目をシロクロさせていたんです。可愛いような、笑えるような・・。そんな時に大将と目が合ったから大変。コショウでムせた振りをして、笑いをごまかすのが大変でした。あの人、顎が疲れただろうなあ。ああ面白かった!

だけど人ごとじゃありません。きっと僕だって、観光地に行ったら変な買い物や注文をしているんでしょうから。そして地元の人たちは生暖かい目で見守る、と・・。

観光客がすることに、いちいち「これだから一見さんは!」と目くじらを立てる地域は嫌いだな。まあ犯罪行為やマナー違反はダメですが、微笑ましい失敗なら可愛いですよね。面白い光景を見に、またラーメン屋に行きたいと思っています。

ピーク時は壮絶だったでしょうね

近所の牛丼屋が閉店していました。私はあまり好きじゃなかったけど、彼氏がよく使ってたんですよね。「24時間オープンしてるから、夜中でも腹が減った時に食うんだよね。コンビニのだと飽きるし、夜の牛丼って結構うまいんだぜ!」なんて言ってました。夜中に牛丼って、すごいですよね。考えただけでウップとなりそうだけど、もしかしたら私の方がオバチャンになっただけなのかもしれません。

近所の牛丼屋さんは、噂じゃ人手不足が閉店の原因とか。まあ話題にはなってますよね。夜中でも忙しく1人で働いてるスタッフがいたそうです。1人なんて怖いだろうし、繁盛したらパニックになりそう!私も大学時代に居酒屋バイトの経験がありますが、スタッフ3人でも追い詰められそうになった経験があるから、1人の大変さなんて想像しただけで恐ろしいですね。可哀想に。

最近は、牛丼屋だけじゃなくて居酒屋チェーンでも人手不足が深刻みたいですが、人を道具としてしか考えてない会社は結局しっぺ返しが来るってことですよね。幸いにも、私が行ってた居酒屋はオーナーがすごく良い人で「正社員になっても良いかも」と思うくらい居心地が良かったです。でも他で働いてた友達はサービス残業ばかりさせられたし(バイトなのに!)、変なノルマまで課せられて大変そうでした。辞める時も脅されたみたいで「出るとこ出ますか?」と言ったらやっと諦めたとか。

気になるのが、牛丼屋さんの元従業員の人たち。さっさと見切りをつけて辞めた人はまだ良いんでしょうが、責任感で体や心を壊した人もいるでしょうね。彼らが心穏やかに今を過ごせていたら良いな、と思います。

嫌な過去を見返す毎日

あなたは自分の性格がいやで、
こんな性格はいやだなと思うことはありませんか?
自分はたまに悩むのだ。
ない物ねだりかな?
もう少し大胆な性格だったらよかったのに、よくないなと思うのはとにかく細かなことが気になるの。
そんなことは、気にしても仕方がないじゃん!
と分っていても、気になるのです。
何でかな?
周辺でも大胆な性格の人がいるので、そういった人を見たらいいな~~~。
子供の時から細かなことがずいぶん気になっていましたので、今さらながらに性格は変えられない!
と、お悩みも大きくなっていくものです。
あなたはいかがでしょうか?
年中、人の目とか他の子がどんなことを言っているのかが心配になって仕方がありません。
自分でも、誰もあんたのことなんか見ていない!
と分かるのですが、自分に言い聞かせてもダメ。
気楽に生きられなくなってしまったな。
こんな風に、他人の目が気になって仕方がない子が多くなっていると聞きました。
ひどくなったら、病気にかかる子もいるそうだよ。
他人が自分になんか変なことを言っている!
と気にかかって、まともに外出もできなくなってしまうそうです。
病気になったら恐ろしいな~~~。
たかが性格とも言っていられません。